2014年11月16日

ファストカジュアルレストラン 〜Fast casual restaurant〜

----------------------------------------------------------------------------------------------
ファストカジュアルとは、ファストフードとファミリーレストランの中間の新業態で、アメリカでは外食業界で一番伸びている業態でもある。 ※ウィキペディアより
----------------------------------------------------------------------------------------------
価格帯、注文からテーブルに届くまでの時間も先の二つの業態の中間。
注文はファストフード同様レジで先に済ませます。

オーガニックの食材を使用、冷凍食品を使用しない等、ファストフードに比べ食材へのこだわりがある店舗が多い点も消費者に愛されている理由の一つです。

日本では「フレッシュネスバーガー」「モスバーガー」「ウェンディーズ」「サブウェイ」「ベッカーズ」などがそれにあたります。

そんなファストカジュアルが人気を伸ばしているアメリカで特に最近耳にする業態が、

「Chipotle Mexican Grill(チポトレメキシカングリル)」

です。

chipotle.jpg
※Webサイトの画像

今日は簡単にチポトレメキシカングリルについてまとめます。

タコスやブリトー等のメキシカン料理を提供するファストカジュアルレストランです。
店舗数は世界で約1600店舗以上(※日本へはまだ進出していない)、サブウェイのように消費者が好きなトッピング食材を選びながら注文するスタイルです。

オーダーする際は、最初にブリト・ブリトーボール(ライスの上に野菜・肉等をトッピング)・タコス・サラダから好きなものを選び、そのまま店員に自分の好きなトッピング・ソースを伝えていく注文方式で、サブウェイにとても似ています。

chipotle2.jpg
※ブリトーボールの画像

また、先に説明した通り冷凍食品を使わずフレッシュな食材を使用する事にこだわりをもっており、安心・安全な食事がとれることも人気を伸ばしている大きな要因です。

現在ではメキシカン業態以外にも、ピザレストランや東南アジア料理業態も展開しています。
これらの新業態もメキシカンと同様、トッピングやソース等が自分好みに選べます。

チポットレ会社の業績も良く、最近ではマクドナルドとの対比として良く記事にされることが多いです。


「安かろう・悪かろう」といったものは食品業界に関わらず排他されている傾向にありますが、今後このようなファストカジュアルと呼ばれる業態は益々成長していくと予想されています。

日本ではまだ「メキシカン料理」そのものが浸透しきれていない印象もありますが、チポットレメキシカングリルが日本に進出する日も近いかもしれません。


Chipotle Mexican Grill
posted by Go-ya at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | trend | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。